さかなちゃん☆更新日記
私さかなちゃん☆の日々のつれづれ作業更新、イベント予告、その他でございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震部】桜島の噴火警戒レベルを3(入山規制)へ引き上げ

さっき旦那からメールが来たので、えーもー帰ってくんのけ?と思ったら、桜島噴火したらしいよ!ってメールだった。仲良い良いよな私ら(笑

・・・・

桜島の噴火警戒レベルを3(入山規制)へ引き上げ
-降灰予報を初めて発表しました-
報道発表日
平成20年7月28日


概要
 桜島の噴火警戒レベルを3(入山規制)へ引き上げ

本文
 本日07時05分と10時10分に昭和火口(南岳東斜面の標高800m付近)で噴煙高度が火口縁上3000m以上に達する噴火が発生しました。また、10時10分の噴火では弾道を描いて飛散する大きな噴石が4合目(昭和火口から800~1300m)まで達しました。なお、いずれの噴火でも火砕流は発生しませんでした。
 桜島の噴火活動は活発化する恐れがあり、火口から居住地域の近くまでの範囲で弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に対する警戒が必要であることから、11時05分に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を発表し、噴火警戒レベルを2から3に引き上げました。

 本日07時05分の噴火では、噴煙が火口上3300mまで上がり北に流れ、10時10分の噴火では、噴煙が火口上3200mまで上がり北に流れました。これらの噴火に伴い、7時30分と10時55分に降灰予報を発表しました。降灰予報の発表は平成20年3月31日の業務開始以来はじめてとなります。

 昭和火口および南岳山頂火口から2km程度の範囲では噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒が必要です。風下側では降灰、風の影響を受ける小さな噴石(火山れき)に注意が必要です。降雨時には泥流や土石流に注意が必要です

 なお、桜島では山頂から概ね2kmの範囲が立ち入り規制となっています。今回の噴火警戒レベル3(入山規制)により、この規制の範囲は変わらず、従来と同様です。


http://www.jma.go.jp/jma/press/0807/28a/080728_sakura.html


お約束ですが、只今警戒レベル3の桜島のある鹿児島にも川内原発がございます。川内原発もイロイロやらかしてる原発です。ってか、火山帯の上に原発立てるか。(-_-メ)


http://www.kyuden.co.jp/sendai_history_trouble.html

川内原子力発電所1号機
発生年月日 内容 国際評価尺度

昭和58年
12月2日 試験運転中,50%負荷遮断試験時,タービンバイパス弁駆動用空気圧力計の不具合による弁動作遅れで,蒸気発生器の水位が低下したため,原子炉自動停止。 平成4年8月より導入
昭和61年
3月19日 定期検査中,燃料集合体シッピング検査の結果,一体に漏洩を発見。
昭和63年
10月17日 定期検査中,一次冷却材ポンプ変流翼取付けボルトの液体浸透探傷検査の結果,ひび割れを発見。
平成3年
5月14日 定期検査中,蒸気発生器細管の渦流探傷検査の結果,振止め金具部に有意な信号指示を発見。
平成3年
7月17日 調整運転中,中性子束検出器の動作不良により,原子炉手動停止。
平成8年
10月27日 定期検査中,制御棒駆動装置ハウジング部にほう酸析出(中間キャノピーシール溶接部の応力腐食割れ)を発見。 0-
平成10年
11月10日 定格出力運転中,格納容器サンプへのドレン量に漸増傾向が認められたため,原子炉手動停止。 評価対象外
平成11年
8月25日 定格出力運転中,「タービンソレノイド動作」の信号によるタービントリップにより,原子炉自動停止。
0+
平成12年
9月14日 定期検査中,蒸気発生器伝熱管の渦流探傷検査の結果,管板拡管部に有意な信号指示を発見。 0-
平成15年
5月15日 定期検査中,蒸気発生器伝熱管の渦流探傷検査の結果,管板拡管部に有意な信号指示を発見。 0-
平成16年
9月10日 定期検査中,蒸気発生器伝熱管の渦流探傷検査の結果,管板拡管部及び旧振止め金具部に有意な信号指示を発見。 0-
平成18年
1月13日 定期検査中,蒸気発生器伝熱管の渦流探傷検査の結果,管板拡管部に有意な信号指示を発見。 0-
平成19年
5月10日 定期検査中,蒸気発生器伝熱管の渦流探傷検査の結果,管板拡管部に有意な信号指示を発見。 0-

○川内原子力発電所2号機
発生年月日 内容 国際評価尺度
平成1年
2月13日 定期検査中,一次冷却材ポンプ変流翼取付けボルトの液体浸透探傷検査の結果,ひび割れを発見。 平成4年8月より導入
平成1年
3月20日 定期検査中,化学体積制御系抽出ライン元弁の弁棒の折損(過大な応力と腐食環境により水素割れ)を発見。
平成1年
3月24日 定期検査中,一次冷却材温度測定用配管戻り弁(C)の弁棒の折損(過大な応力と腐食環境により水素割れ)を発見。
平成3年
10月15日 定期検査中,蒸気発生器細管の渦流探傷検査の結果,振止め金具部に有意な信号指示を発見。
平成16年
12月15日 定期検査中,蒸気発生器細管の渦流探傷検査の結果,旧振止め金具部に有意な信号指示を発見。 0-




1997年 5月
 川内市で震度6弱。川内原発は自動停止せず。

・・ってなことがあったらしいですな。いかんねえ。

http://club.pep.ne.jp/~wata.forum/bousai/bo2001_2/bonew12.html


川内原発周辺にも当然活断層あるんだろうなと思うけど、調べられませんでした。
ご存知の方教えて下さい。


ってか、九州なんて、火山の上にあるんだから火山エネルギー使え!

桜島川内原発
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さかなちゃん☆ウクレレ歌人

Author:さかなちゃん☆ウクレレ歌人
さかなちゃん☆ウクレレ歌人は、今日もウクレレを弾きながら鼻歌を歌い続けています~☆

内容ないニセ関西弁でお送りするネットラジオ『ウクレレネットラジオ週に1回更新しているよだいたいね☆』ウクレレマンガ☆ウクレレ教、などなど、やりたい放題やっている、ウクレレおばちゃんでございます。詳細はHPで。

さかなちゃん公式HP
http://sakana20001.fc2web.com/jhp/index.html

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。